読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーケイのアミュレット

ホワイトラン

ホワイトランには墓地がある。

f:id:pict-it:20170219135134j:plain

 

死者に呼ばれたわけではないが、

(呼ばれる覚えはあるが。。)

 

その墓地で一人の老人と出会った。

アンドルスというその老人は、

聞けば墓地の司祭をしてるらしく、

大切なアミュレットを地下墓地におき忘れてきたらしい。

 

なんでも「アーケイのアミュレットがないと死者に立ち向かう力がなくなる」らしい。

 

・・・アミュレットを地下墓地に忘れてきたこの老人は、

どうやって入り口まで帰ってきたのだ?

毅然とした構えと司祭らしい気品に満ちたこの男が、

死者に追い立てられ、おしっこちびって半べそかきながら

地下墓地から逃げ帰ってくるその様子を想像したら、

少し笑えてきた。

 

いいだろう。アミュレットとやらを取りに行こう。

(あんたのプライドは守ってやる。)

 

実際は、魔法や剣の使い手で死者となんとか渡り合って帰ったのかも

しれないが、それを証明できない以上、彼が

おしっこちびってようが、死者と渡り合ってようが、

同じ事だ。

(まぁ彼が私がそう思ったとも知る由もないが。)

 

しかし、実際に地下墓地に入って思ったことは、、、、

 

いや、経験ある定命の者にこれ以上を語る必要はないだろう。

 

私は15Gを手にそっと墓地を後に し   た 。 。