読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐の前 -前編-

メインストーリー 保留中

レイノフが、近くにあるリバーウッドという町に向かうよう提案した。そこは彼の姉妹の製材所があり、助けてくれるはずだ。

-アルドゥイン-の咆哮

彼方に消え行くその姿は、どこか満足げな様子を奏でていた。

 

ヘルゲン砦の地下水網からなんとか外に逃げ出した私は、

共に死線をくぐり抜けたレイノフより一緒にこないかと誘いを請ける。

 

見知らぬ大地、伝説との邂逅、多くの死体。

あたりには私の命を無垢に狙う獣のうなり声が低く聞こえる。

 

そうだな。

 

好奇心は私を殺す。特にここskyrimでは。

 

レイノフの提案を受け入れ、私はリバーウッドという町まで同行する事にした。

 

だが、レイノフはしきりにウィンドヘルムへ行き

帝国からの解放への参加を促し、姉妹のジャルディルやその子供フロドナー

仲間と思わしきホッドと呼ばれる男と、私を引き合わせた。

 

そして、ダークウォータークロッシング

 

ウルフリック•ストームクロークを初めて、

初めて捉えたあの場所でレイノフも捉えられたと言うのだ。

 

つまり、彼らは、私にとって。。

 

ジャルディルが私に自宅の鍵をくれた。

仲間の友達は自分にとっても友達だと言う、そして、

ホワイトランのバルグルーフ首長に救援の知らせに出向いてほしい

と言うのだ。

 

ウルフリック・ストームクロークと奴の仲間達。

 

今は、そう、

今は奴の動向を探るため、解放軍と思わしき

彼らの言う事を聞く事にした。

広告を非表示にする