読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブラインドサイト

広大なドワーフの遺跡であり、伝説の“ファルメルの目”があるとされるイルクンサンドに向かう。カーリアとブリニョルフが中で待っている。 イルクンサンドは今まで見た中でも1、2の大きさを持つ遺跡だった。 その入り口にたどり着くまでにもかなりの腕前を…

三人衆復活

メルセル・フレイを追う前に、カーリアはブリニョルフと私に話したいことがあるようだ。 ラグド・フラゴン貯水池の中央。 元盗賊ギルドNo2で先代ギルドマスター、ガルスの相棒カーリア、 メルセルが姿を消した今、臨時にギルドを仕切る男ブリニョルフ、 そし…

追跡

カーリアに会うため、ラグド・フラゴンへ戻っている。ガルスの日記から得た情報を証拠として使い、ブリニョルフにカーリアの無実とメルセル・フレイの裏切りを納得させられるよう願っている。 リフテンは、あいも変わらず深い霧に包まれていた。 広場では早…

厳しい答え

カーリアは雪帳の聖域から彼女が回収したガルスの日記に、メルセルの裏切りの証拠が書かれていると信じている。残念ながら、日記は何らかの暗号で書かれており、解読が必要だ。唯一の希望はカーリアとガルスの知人で、ウィンターホールド大学のウィザードを…

沈黙の会話

カーリアが最後に目撃された地、雪帳の聖域の遺跡で、メルセル・フレイと会うことになった。メルセルと私は彼女を追い、ガルス殺しの償いをさせる。 メルセルは雪帳の聖域の前にいた。彼のそれは、 それまでの、盗賊ギルドで帳簿を前にするそれとは明らかに…

ならず者の愚行

ソリチュードの東帝都社にスパイとして潜り込んでいる ガラム・エイという男が、捜査線上に上がった。メルセルは彼と接触して情報を仕入れてきてほしいと直々に頼んできた。 メルセルはなかなかに切れる男のようだ。 まぁ当然か、なにせ盗賊ギルドの頭を張っ…

湿ったスピリッツ

リフテンで最も影響力があり、最大の富豪である、メイビン・ブラック・ブライアと話すよう送られた。ブリニョルフによれば、彼女にはこちらにとって最重要の仕事があり、指示には厳密に従う必要がある。 リフテンの裏の顔、メイビン・ブラック・ブライア。 …

響き渡る声明

ブリニュルフの支援のおかげで、ギルドマスターのメルセル・フレイは私を盗賊ギルドに迎え入れた。初仕事を受け、彼の推薦が無駄でなかったことを証明したい。 ブリニョルフに案内された盗賊ギルドの奥深く、ラクド・フラゴンの貯水池は なかなかに雰囲気ア…

仕事の始末

ブリニョルフは、もしラグド・フラゴンという酒場で彼に会えたら、もっと仕事をくれると約束した。危険な場所らしいので、最初の試練のようなものを与えられているかも知れないが、定かでは無い。 リフテンの広場で出会ったブリニョルフという男。 お天道様…

チャンスのお膳立て

リフテンでブリニョルフという男に出会った。どうやら彼はまっとうでは無い仕事を頼みたいらしい。 高性能な武器を求めて、リフテンで武器屋と話をしていた時、 不意に背後から話しかけてくる男がいた。 名をブリニョルフという。 ブリニョルフ。。臭そうな…