アーソレーネ -モテるミュシャ学 -

大盛況中の新国立劇場の「ミュシャ展」(2017.3.8-6.5)で使えるミュシャ作品を知ったかぶりできるまめ知識集

ミュシャのいろいろ

スラブ叙事詩 まとめ

年代順のスラブ叙事詩 左が描かれた時代で、右の( )内が完成年です。 3-6世紀 スラヴ叙事詩-原故郷のスラヴ民族(1912年) ◇一番最初の作品にして、一番有名 8-10世紀 スラヴ叙事詩-ルヤナ島のスヴァンヴィト祭-神が戦う時 芸術は魂の救済(1912年) ◇祭り…

ミュシャ展に行ってきました -6月1日-

ミュシャ展に行ってきました(6.1) 前の記事にて、5月22日に国立新美術館のミュシャ展が来場者50万人を記録とご紹介させていただいたので、ご存知の方も多いと思いますが、ミュシャ展は1日8000人近く入場している計算になります。 つまり、、、休日のミュシャ…

祝!!新国立美術館 ミュシャ展50万人突破記念 -勝手に数字検証-

国立新美術館で現在開催されているミュシャ展がついに来場者数50万人突破(2017.5.22公式発表)ということで、ミュシャ展に関する色々な数字を独断で勝手に解析してみました。 注;画像中で何度も繰り返していますが、公式サイト情報他から勝手に算出しており…

「アルフォンス・ミュシャ」についてさらっと知ったかぶる

アルフォンス・マリア・ミュシャ(Alfons Maria Musha)1860年-1939年 チェコ ■(モテるためならこれだけでOK) 3つの知ったかポイント 1.アールヌーボーを代表するグラフィックデザイナー 2.「ジスモンダ」「黄道12宮」「スラヴ叙事詩」が代表作 3.ジャポニズ…