読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

響き渡る声明

リフテン 盗賊ギルド

ブリニュルフの支援のおかげで、ギルドマスターのメルセル・フレイは私を盗賊ギルドに迎え入れた。初仕事を受け、彼の推薦が無駄でなかったことを証明したい。

f:id:pict-it:20170220183742j:plain

ブリニョルフに案内された盗賊ギルドの奥深く、ラクド・フラゴンの貯水池は

なかなかに雰囲気アジトという感じだった。

 

水道管から激しく滴り落ちる水音が響く空間に

盗賊ギルドのマスター、メルセルはいた。

 

彼はブリニョルフに輪をかけた決めつけ目線で

「掟を守れば金持ちに、破れば分け前を失う。話し合いの余地はなく。」

と威圧してきた。

 

やれやれ、盗賊ってやつはどうしてこうも自信過剰の自己中なんだ。

(まぁそれでないと生き残れないってわけか)

 

彼曰く、もしブリニョルフの言うように私が優れいているなら、

ゴールデングロウ農園に忍び込み、秘密の書類を手にいれて、

蜂の巣箱を2つでも4つでもなく3つ燃やすことなど容易い事だろ?

見せてみろよ。

 

とハッパをかけてきた。

 

まぁ農場へ忍び込むくらい余裕だろう。

そうたかをくくってはみたものの、

ブリニョルフと話をするたびに、不安、、、いや不確定要素が

いくつも出てきたので、まずは、先日忍び込んで失敗した、

ヴェックスという奴に話を聞くことにした。

 

「始める前に、2つあんたに言っておく。

一つ、私はこの盗賊ギルドで最も優秀で、その座をあんたなんかにくれてやる気は毛頭ない。

二つ、あんたは部下。仕事の指示には口答えも言い訳する権利なんかない。」

ヴェックスは、ドSな女性だった。

やれやれ、、、この盗賊ギルドはSの集まりだな。

 

だがSってやつは、こと仕事に関して言えばこっちが黙っていれば、

何が不安か、自己顕示欲か、自分からぺらぺらと喋りたがるものだ。

 

沈黙と引き換えにいつくか有効な情報を入手することができた。

一つ、ゴールデングロウ農園の衛兵は8人

二つ、手薄で手ごろで侵入に持ってこいな地下水道がある。

三つ、これはこれで。

 

十分な情報だ。

あとは身をもって検証しつつ、仕事に望めばいい。

 

 

 

ゴールデングロウ農場は、確かに厳重な警備で固めれられ、

ネズミ一匹の侵入も許さん。そんな面持ちだった。

 

だが、残念ながら、私はネズミよりもすばしっこく、闇に紛れるのが得意なのだ。

 

魔法はあまり得意ではないが、炎の魔法の一つや二つ嗜みがあったので、

闇に紛れて蜂の巣を3つ焼き払い、そのまま近くにあった、ヴィックスに

教えてもらった地下水道に侵入する。

 

地下水道はちょうどゴールデングロウ農園の家の裏手に続いており、

そこから屋内に侵入し、2階にいたアリンゴスから鍵をスルると、

地下にある金庫からゴールデングロウ農園譲渡書を簡単に盗み出せた。

 

まぁ途中、傭兵の隙だらけの後頭部や、椅子でぼーっとしているアリンゴスの頸動脈を

そっと刃で撫でてやろうかとも思ったが、ブリニュルフは殺さずを

方針として掲げているらしいので、やめておいた。(アリンゴスは殺していいと言っていた気もするが。)

 

盗賊ギルドに帰ると、報告する前からブリニョルフはえらくご機嫌だった。

どうやらゴールデングロウ農場で誰が仕事を完遂したか、すでにご存知らしい。

 

まぁゴールデングロウ農場の譲渡書を彼に見せるまでの話だったが。。

 

どうやら今侵入してきたゴールデングロウ農場のアリンゴスは

リフテンの裏の顔、メルビン・ブラック・ブライヤに黙って、

ゴールデングロウ農場を誰かに売り払うつもりだったらしい。

しかしそれに気づいたメルビン・ブラック・ブライヤから身を守るために

傭兵を雇った。しかし時すでに遅し、盗賊ギルド(私)が侵入し、

その計画の末端が漏れた。

 

なぜアリンゴスは、そんな大それた真似ができたのか。

メルビン・ブラック・ブライヤに逆らってこの地で仕事ができるはずはないのに。

 

そんなことを考えていると、ブリニョルフはメルビン・ブラック・ブライヤが

私を呼んでいると言ってきた。

 

ふむ。。

リフテンの影の顔役が呼んでいるとは、どうやら、私の実力も

なかなかに評価されてきたのだな。

 

私はブリニョルフから報奨金500Gをもらうと、メルビン・ブラック・ブライヤの元へ

向かった。

広告を非表示にする

仕事の始末

リフテン 盗賊ギルド

ブリニョルフは、もしラグド・フラゴンという酒場で彼に会えたら、もっと仕事をくれると約束した。危険な場所らしいので、最初の試練のようなものを与えられているかも知れないが、定かでは無い。

f:id:pict-it:20170220030911j:plain

リフテンの広場で出会ったブリニョルフという男。

お天道様に背を向けて仕事をしている人間特有の、凄みと、

そして、場慣れした雰囲気を醸し出していた。

 

少しだけ、資金が、、、いや、彼に会ってみるか。

そんな考えから足を踏み入れたラットウェイは、

文字通り彼の教えてくれた、ラットウェイはスキーヴァーのたむろする

醜悪な地下水道だった。

 

いや、

スキーヴァーより本質的にもっと醜悪で厄介な輩もたむろしていたが、

この手の輩は兎肉のローストに添えるリーキのグリルのようなものだ。

 

適当にあしらいつつ、奥に進むと、お目当のラクド・フラゴンにたどり着いた。

 

そこは噂に聞く隠れ家的バーの様相だった(この場合まさしく隠れ家だが。)

 

しかし店舗化している雰囲気バーとは違い、ここはスキーヴァーの死骸と、

リフテンから流れ込んだ汚水にまみれた、衛生管理局ですら及び腰になる

場所なのだ。

 

そして、そんな辺鄙な場所まで来させた挙句、

ブリニョルフが一般人から借金の取り立てをしてくれと頼んできた時には

閉口せざるを得なかった。

 

噂に聞く盗賊ギルドとやらも所詮は町のゴロツキと同じか。

 

この手の使いっ走りで私の実力を判断しようとは、

やはりまだまだ侮られているな。

 

一般人相手にメッセージを教えるのは好んでやりたい仕事ではないが、

私がしなければ、次に頼まれる誰かが、やりすぎる可能性もある。

 

仕方なく私はブリニョルフから頼まれた

「ベルガ」「ベルシハニーハンド」「キーラバ」の3名に、

盗賊ギルドのメッセージを送り、その代償として、借金を取り立てた。

特にベルガ嬢は、多少気が強いが、感じのいい女性で、心が痛んだ。

 

ブリニョルフへ仕事の報告をすると、満足した結果だったようだ。

 

足りず、やりすぎず、最適を察して行う。

思いもかけず、昔の仲間、闇歩のエルゴの口癖が頭をよぎった。

あの地獄の時間すら身になっているのだな。

 

この盗賊ギルドとやらの仕事も悪くない。

どうやらリフテンの裏でかなりの闇を抱えているようだしな。

 

私はギルドに正式に参加するため、ブリニョルフの後に続き、

ラフト・フラゴンの奥へと進んだ。

広告を非表示にする

チャンスのお膳立て

リフテン 盗賊ギルド

リフテンでブリニョルフという男に出会った。どうやら彼はまっとうでは無い仕事を頼みたいらしい。

f:id:pict-it:20170220021027j:plain

 

高性能な武器を求めて、リフテンで武器屋と話をしていた時、

不意に背後から話しかけてくる男がいた。

 

名をブリニョルフという。

ブリニョルフ。。臭そうな名の男だ。

 

彼は初対面の私に向かって「まっとうな仕事で金を稼いだことなんて

一度もないんじゃ無いか? 小僧」と、ふっかけてきたのだ。

 

小僧。確かに、私が駆け出しの小僧なら、そんな挑発にも乗ろう。

だが、私はおそらくは、このブリニョルフという男と同じか、

それ以上の年なのだ。

 

挑発するのなら、相手を見るのだな、小僧。

 

そんな感想がふと頭をよぎったが、

通り一辺倒な挑発しかできぬくせに、私に仕事を頼みたいと持ちかけてきた時に

ある種の懐かしさを感じた。

 

そういえば、昔こんな風に背伸びしたがる奴がいたな。

 

ブリニョルフはそんな私の感傷に気づかず、自分が囮をやるので、

広場のマデシという売店の金庫から銀の指輪を取り、

ブラン・シェイという男のポケットに入れて欲しいとのことだった。

 

。。私は少し考えたのち、引き受けることにした。

 

大きくはこのブリニョルフという男に興味が出たからだが、

彼のいう大きな儲けとやらも知っておきたいと思ったからだ。

 

実際、彼の囲いはなかなかの口上だった。

ターゲットのブラン・シェイの気を引く言葉と内容をかましつつ、

周りの人間もそつなく散らす。

 

おかげで仕事自体、とてもスムーズに終わった。

 

こういう仕事はいいな。

 

どうやら、この男は、私を試したらしいが、

私の試験にも合格したようだ。(今は)

 

彼がいうには、このリフテンの地下にアジトを構えて、

様々な“仕事”をしているらしい。

 

面白い。後で訪ねて見るか。

広告を非表示にする

夜明けの目覚め

モーサル

モーサルのファリオンは吸血鬼の研究をしていると噂されている。彼なら病気を治療できるかもしれない。

f:id:pict-it:20170219161352j:plain

バナードメアの酒場で聞いたモーサルのファリオンの噂、

彼は吸血鬼とかアンデットの研究をしているらしい。

 

ここ最近吸血症に悩んでいた私は、渡りに船とばかりに、

その噂を聞くや否や馬車に飛び乗り、一路モーサルへと向かった。

 

ファリオンは謎の男だった。

オブリビオンを旅し、あらゆる種族と出会い、見てはならないものすら

見て来たこの男は、確かに吸血症の治し方を知っていた。

 

それは、黒魂石を使う儀式らしく、

まずは黒魂石を入手する事。

次に黒魂石に魂を満たす必要があるらしい。

 

黒魂石自体は、ファリオンが所持している最後の一個とやらを

手に入れたので、次は魂縛の魔法で、適当な魂を黒魂石に

満たす必要がある。

 

私は早速付近の手頃な魂を手に入れ、

ファリオンの元を再び訪ねた。

 

「いいだろう、明け方、沼地のサークルで会おう。」

ファリオンは手短にそう告げた。

 

沼地の召喚サークルは不気味な場所だった、

マッドクラブが忍び、沼地の群生きのこが生える場所。

鬱蒼としていて、霧の立ち込める夜。

 

だが、散々吸血鬼の晩餐や、死霊術師の宴を見て来た私にとっては、

この程度の不気味さは特に恐るに値しない。

 

マッドクラブときのこは錬金術の材料になると、辺りの

素材をかたっぱしから集めて夜明けを待った。

 

しかしいつも思うのだが、ホタルを採取した時に、

「ホタル」ではなく「ホタルの腹」となるのは、いかがなものか。。

 

そんなことを考えていたら、夜明けとなったのだろう、

いつの間にかファリオンが現れて難解な呪文を唱え出した。

 

おそらくオブリビオンの神々に語りかけているであろうその呪文を

理解する事は出来なかったが、一瞬のめまいと共に儀式は終了し、

あれほど我が身を悩ませていた太陽の光がなんともなくなっていた。

 

吸血病。

 

吸血鬼との戦いはまだ始まったばかりであり、

おそらく今後もかかるであろう避けて通れる道。

 

だが、その一つの解決策がここにある事は、

なんたる安心か。

 

ファリオン。

この借りはいつか

必ず返すぞ。

 

広告を非表示にする

アルゴニアンエール

ホワイトラン

バナードメアの酒場で飲んだくれてるブレイナンという男は無類の飲んだくれだ。

f:id:pict-it:20170219152721j:plain

彼曰く「シラフでいる時はないがな」だそうだ。

全く羨ましい限り。

 

しかしそんな呑んだくれだからこそか、

バナードメアにある「アルゴニアンエール」を盗ってきてくれと頼まれた。

 

他人の手を汚させて、酒を飲むとはまさに見上げた呑んだくれ。

 

普段なら一笑にふすこの手の頼まれごとだが、

どうやらルシアという孤児の面倒を見ているらしい。

(ルシアがそう言っていただけかもしれないが)

 

そこで、バナードメアの調理場にちょっと入り、

ご所望のアルゴ二アンエールをちょいと拝借して、

彼に届けてやった。

 

すると、彼は教会で“見つけた”回復の薬(絶大)をお礼にくれた。

 

おいおい

 

こんないいものを持っているなら回復の薬(絶大)を売って、

堂々とアルゴ二アンエールを飲めばいいものを。

 

やはりアルコールはほどほどにするべきだな。

 

しかし、酒場で呑んだくれる彼の姿が見れなくなれば、

寂しくなるのもまた、事実か。

 

私は熱気と歌声の裏に隠された哀愁を感じつつ、

バナードメアを後にした。

広告を非表示にする

自然の祝福

ホワイトラン

ダニカ・ピュア・スプリングを手伝い、ホワイトランのキナレス聖堂の近くにある大きな木、ギルダーグリーンを修復することに同意した。

f:id:pict-it:20170219144355j:plain

 

最近、吸血症に悩んでいる。

日が昇ると血が沸騰し、体力が戻らず、スタミナも調子が悪い。

 

概念的なものを頼りにすれば、吸血鬼といえば、治療は教会であろうと、

ホワイトラン唯一の聖堂、キナレス聖堂の門をくぐったのだが、

聖堂の司祭ダニカは私のことなど御構い無しに、ギルダーグリーンの木の

事ばかり話し始めた。

 

いや、吸血症。。。。

 

まぁいいか。司祭といえど、悩み苦しむものであることに変わりはない。

普段自らに助けを求めるものへ惜しみない慈愛の心で接している反動で、

自分が困った時に周りが見えなくなるのだな。

 

そんなダニカ司祭が言うには、

ギルダーグリーンは太古の木エルダーグリームから株分けされたもので、

ホワイトランの創世記からある守り木のような存在であるらしい。

そして、親木とも言えるエルダーグリームの樹液があれば、

休眠状態にあるギルダーグリーンも復活するとの事だった。

 

しかし、エルダーグリーンは太古の木。特別なアイテムでなければ

その身を傷つけ樹液を取る事、叶わず。

その特別なアイテムは、スプリガンと呼ばれる魔物が持っているとの事。

 

アイテムの名を「ネトルベイン」と言った。

 

ダニカ司祭、あなた、なかなかに面倒なことを、

通りすがりの吸血症に悩む冒険者に無茶ぶりするな。

 

ま、まぁいい。吸血症を治すためだ。なんとかしようじゃないか。

 

私は、ネトルベインを手にいれるため、

オーファンロックと呼ばれるスプリガンの居城へと向かった。

 

そこは、懐かしきヘイゲン砦より北にある小さな谷だった。

 

ハグと呼ばれる魔女?のような存在と、ハグレイブン。

名前は聞いたことがあったが、実際対峙した時のその感想は、

なかなかのプレッシャーだった。

 

実際ハグレイブンの使う、大砲のような火球魔法は、かなりの迫力であり、

その地理的条件と相まって実に厄介だった。

 

なんとかハグレイブンを倒し、ネトルベインを入手し急いでホワイトランの

ダニカ司祭のところへ戻ると、

「もうあの汚らわしいハグレイブンを倒してネトルベインを持ってきたのですか?

まぁあの、本当に戻ってこれるとは思ってませんでした」

と。

 

司祭?どうやら私の中の司祭=人格者というイメージは、このスカイリムでは

特に当てはまらないらしいな。

(そもそも祈るデイドラのほとんどがアレだから仕方ないのか。)

そう思って話を聞いていると、

「それにはあまり触りたくないですね。次の手順をお願いしても大丈夫ですか?」

と続けるダニカ司祭。どうやら当初説明されていた通り、次はネトルベインで

エルダーグリームの樹液をとってこいと催促されているようだ。

 

(いつかスリでネトルベインをポケットに忍ばせてやろう・・・と

思った事はここだけの秘密だ)

 

エルダーグリームはホワイトランの南にある温泉地帯の中心に近い場所にあった。

 

洞窟の奥底、暗闇の中で、光の加護を一身に降り注がれるその様は、

堂々とした、幹の、枝葉のその成り立ちから、まさに古代樹にふさわしい

出立だった。

 

私はそのエルダーグリームの聖域に遊びに来てた若者から、エルダーグリームの

幹に近づく方法を聞き出すと、ネトルベインを片手に邪魔な根を退け、

エルダーグリームの幹から樹液を取り出すことに成功した。

 

しかしその刹那、エルダーグリームの周辺にスプリガンという魔物が複数現れ、

私を含む周辺の若者を襲い始めた。

 

原因ははっきりしている。彼らはエルダーグリームの守り役なのだ。

 

当初は抵抗を試みた私だが、その実力差ははっきりしていた。

ネトルベインなら特攻があるかとも思ったが、そううまくいくこともなく。

 

付近の若者には申し訳ないが、自身の生死に関わるので、

天秤にかける間も無く背中を見せて全力で敗走した。

 

まぁここスカイリムで生きる私は逃げるのは慣れている。

安定の脱兎の逃走劇を繰り広げ、なんとかホワイトランにたどり着くと、

ダニカ司祭に樹液を渡しそそくさと聖堂を後にした。

「キナレスの恵みがありますように」

 

彼女の言葉が背中に届く。

 

ギルダーグリーンの復活にさいし見殺しにしてまった

二人若者がいた事は誰も知らない。

 

そして、吸血症。。

どうしたものか。

広告を非表示にする

アーケイのアミュレット

ホワイトラン

ホワイトランには墓地がある。

f:id:pict-it:20170219135134j:plain

 

死者に呼ばれたわけではないが、

(呼ばれる覚えはあるが。。)

 

その墓地で一人の老人と出会った。

アンドルスというその老人は、

聞けば墓地の司祭をしてるらしく、

大切なアミュレットを地下墓地におき忘れてきたらしい。

 

なんでも「アーケイのアミュレットがないと死者に立ち向かう力がなくなる」らしい。

 

・・・アミュレットを地下墓地に忘れてきたこの老人は、

どうやって入り口まで帰ってきたのだ?

毅然とした構えと司祭らしい気品に満ちたこの男が、

死者に追い立てられ、おしっこちびって半べそかきながら

地下墓地から逃げ帰ってくるその様子を想像したら、

少し笑えてきた。

 

いいだろう。アミュレットとやらを取りに行こう。

(あんたのプライドは守ってやる。)

 

実際は、魔法や剣の使い手で死者となんとか渡り合って帰ったのかも

しれないが、それを証明できない以上、彼が

おしっこちびってようが、死者と渡り合ってようが、

同じ事だ。

(まぁ彼が私がそう思ったとも知る由もないが。)

 

しかし、実際に地下墓地に入って思ったことは、、、、

 

いや、経験ある定命の者にこれ以上を語る必要はないだろう。

 

私は15Gを手にそっと墓地を後に し   た 。 。